埼玉病院のご案内
  • 埼玉病院のご案内
  • 診療科・部門紹介
  • 患者さんへ
  • 医療関係者の方へ
  • 職員募集
  • 交通アクセス

埼玉病院のご案内

埼玉病院 トップ > 埼玉病院のご案内 > 幹部職員紹介 > 副院長/倫理委員会委員長

幹部職員紹介

副院長 細田 泰雄- 電子カルテの導入メリットとさらなる質向上を目指して

  平成31年3月1日より、新たに副院長職を拝命いたしました。当院は原彰男院長を大島孝先生、細田泰雄先生にわたくしを含めた3人の副院長が支える新体制となりました。
 もともとわたくしは、日本大学医学部脳神経外科学教室で研鑽し、20年以上に渡って、脊髄外科の分野で診断・治療・研究に専念してまいりました。平成15年には、日本脊髄外科学会指導医にも認定されました。その当初、全国的にもわずか30数名しか認定されないと言う難関でした。本来、脊髄外科の目的の多くは、圧迫された神経組織への除圧です。目的とする神経組織に到達するには、正常な筋などの軟部組織や骨組織などをある程度犠牲にしなければ、到達できません。そこで、その犠牲となる正常組織を可及的に少なくした手術法が低侵襲手術です。患者様に優しい低侵襲手術を実践し続け、その功績が認められ、平成23年6月には、日本大学医学部診療教授に任命されました。その後、わたくしの恩師であられます前片山容一主任教授の退官に伴ない、平成25年9月に日本大学医学部を退職し、さらに、同教授のご推薦もあり、同年10月より、独立行政法人国立病院機構埼玉病院に就職いたしました。
 本院に就職後も、患者様の立場にたった低侵襲な医療を心掛けてまいりました。今後も診療を続けながら、副院長としての職務にも尽力していく所存でおります。
 当院は拡張工事に伴ない、今後総病床数550床を有する地域の拠点病院となります。その責任の重大さを感じない日は有りません。地域医療の更なる充実・発展のため、病院職員全員が努力を惜しまず、頑張って参りますので、今後ともよろしくお願い申しあげます。

副院長/倫理委員会委員長
前島 貞裕