令和元年度 独立行政法人国立病院機構埼玉病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 2103 311 286 413 741 917 1563 3441 2491 449
Ⅰ 定義
①集計期間に退院した患者さんを集計の対象としています。
②年齢は、入院した時点の年齢で集計しています。
③年齢階級は「0歳代」は「0歳以上10歳未満」を指し、10歳ごとの階級になっています。(ただし、100歳を超える患者さんは90歳代としています。)
Ⅱ 解説
60歳以上の高齢者の占める割合が大きいですが、当院は地域医療周産期母子医療センターであると共に、朝霞地区唯一の小児二次救急病院で年間約9,000名の小児救急患者さんを受け入れているため10歳未満の患者さんが多くなっております。
埼玉病院は南西部医療圏における地域医療支援病院であり、近隣の病院・診療所との連携を強化・充実できるよう取り組んでいます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:あり-処置2:なし-副病:0 98 2.43 3.34 1.02% 75.28
040110xxxxx0xx 間質性肺炎-処置1:0-処置2:なし-副病:0 49 17.67 18.84 12.24% 76.88
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし-A-DROP スコア2 24 13.54 15.17 16.67% 84.25
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:0 23 15.83 14.62 13.04% 76.35
040150xx99x0xx 肺・縦隔の感染、膿瘍形成-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:0 15 32.33 23.38 26.67% 72.13
昨年同様、肺の悪性腫瘍の治療目的の患者さんが最も多い症例で、平均在院日数は2.43日となり、全国平均より約0.91日短いことが分かります。全国平均より早期に治療を完了し、早期に退院していただくことにより、日常生活にいち早く復帰されるよう努めております。
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎-限局性腹腔膿瘍手術等-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 59 13.66 9.79 1.69% 77.64
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)-内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術-処置1:0-処置2:0-副病:なし 47 4.94 2.63 0.00% 70.60
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍-内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術-処置1:0-処置2:なし-副病:0 42 9.07 8.27 0.00% 75.93
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの)-その他の手術あり-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 32 11.66 10.49 3.13% 72.19
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 31 9.16 8.89 9.68% 67.23
胆管結石・胆管炎に対し内視鏡下の手術を行った症例が最も多くなっております。また小腸・大腸ポリープに関しても内視鏡下での切除も数多く行っております。
上位疾患に関しては、ほぼ全国の平均在院日数に沿って退院して頂いております。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080270xxxx1xxx 食物アレルギー-処置1:あり-処置2:0-副病:0 385 1.07 2.15 0.00% 2.19
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上)-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 189 6.50 6.17 3.17% 0.00
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他)-処置1:0-処置2:0-副病:なし 182 5.89 6.19 0.55% 1.02
040100xxxxx00x 喘息-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 104 5.34 6.64 0.96% 3.00
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満)-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 103 5.83 5.69 0.00% 3.41
新生児疾患の早期発見に努めるほか、リスクの高い分娩には小児科医が立ち会い、分娩に関する疾患の治療を行っています。
また、食物アレルギーや急性気管支炎に関しても昨年度より症例は大幅に増加しております。
併せて、診療科紹介をご覧いただければと思います。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上)-ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等-処置1:0-処置2:0-副病:0 93 5.14 4.85 0.00% 70.89
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等-腹腔鏡下胆嚢摘出術等-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 79 6.75 7.13 0.00% 62.22
060150xx03xxxx 虫垂炎-虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等-処置1:0-処置2:0-副病:0 42 5.74 5.45 0.00% 38.00
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍-結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 39 13.74 15.02 0.00% 73.41
060050xx99x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 30 4.27 9.27 0.00% 72.83
鼠経ヘルニアの手術症例が最も多く、続いて腹腔鏡下の胆嚢摘出術が多くなっております。
結腸や肝・肝内胆管の悪性腫瘍に対する手術に関しても、全国の平均在院日数より短い期間で治療を完了し、日常生活にいち早く復帰されるよう努めております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折-人工骨頭挿入術 肩、股等-処置1:0-処置2:0-副病:0 79 24.63 25.94 63.29% 81.44
070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎-手術なし-処置1:0-処置2:1あり-副病:0 70 2.16 2.73 0.00% 73.90
160760xx97xxxx 前腕の骨折-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:0 65 3.68 5.54 0.00% 55.05
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。)-人工関節再置換術等-処置1:0-処置2:0-副病:0 55 25.95 23.56 18.18% 75.89
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎-脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等-処置1:0-処置2:なし-副病:0 45 20.89 20.93 15.56% 72.60
高齢者の股関節・大腿近位の骨折に関する症例が昨年度よりも大幅に増えおります。
約半数以上の患者さんは転院しており、リハビリ等の治療を継続できるよう後方連携の充実を図っております。
脊柱管狭窄に関する症例も増えており、全国の平均在院日数より短い期間で治療を完了し、日常生活にいち早く復帰されるよう努めております。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂-手術あり-処置1:0-処置2:なし-副病:0 51 5.67 3.10 0.00% 77.67
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。)-鼻骨骨折整復固定術等-処置1:なし-処置2:なし-副病:0 32 4.09 5.26 0.00% 33.00
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物-皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等-処置1:なし-処置2:0-副病:0 11 3.82 4.01 0.00% 42.09
090010xx04xxxx 乳房の悪性腫瘍-組織拡張器による再建手術(一連につき) 乳房(再建手術)の場合等-処置1:0-処置2:0-副病:0 8.03
140210xx02xxxx 先天性耳瘻孔、副耳-副耳(介)切除術-処置1:0-処置2:0-副病:0 3.03
昨年同様、眼瞼下垂に対して手術を実施した症例が最も多い症例となっております。顔面損傷に対しては、鼻骨骨折整復固定術等も実施しております。
厚生労働省の定めた診断群分類および集計定義に基づいているため、診療実績とは異なります。併せて診療科紹介もご覧いただければと思います。
※10症例未満の場合は個人の特定を防ぐため「-」で表記しております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 28 10.46 7.34 17.86% 57.25
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満)-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 26 22.00 18.81 46.15% 68.88
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)-手術なし-処置1:なし-処置2:4あり-副病:なし-発症前Rankin Scale 0、1又は2 24 22.88 16.13 37.50% 70.75
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷-その他の手術あり-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 23 16.74 9.67 30.43% 78.87
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)-手術なし-処置1:なし-処置2:2あり-副病:なし-発症前Rankin Scale 0、1又は2 16 17.44 16.16 18.75% 74.81
昨年に引き続き、頭蓋・頭蓋内の外傷症例が、手術の有無に関わらず多数を占めています。
未破裂脳動脈瘤に対して、動脈造影カテーテル法等を実施ししております。
非外傷性頭蓋内血腫や脳梗塞の症例も昨年度より増えております。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍-手術あり-処置1:0-処置2:なし-副病:0 60 10.73 11.51 0.00% 71.70
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:あり-処置2:なし-副病:0 28 2.00 3.34 0.00% 73.43
040200xx01x00x 気胸-肺切除術等-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 16 13.56 10.18 0.00% 30.50
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:なし-処置2:4あり-副病:なし 13 10.54 9.59 0.00% 67.85
040200xx99x00x 気胸-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 9.11
肺の悪性腫瘍に対し化学療法を実施しており、平均在院日数は全国平均の11.51日と比較し0.78日短い10.73日となっております。
厚生労働省の定めた診断群分類および集計定義に基づいているため、診療実績とは異なります。併せて診療科紹介もご覧いただければと思います。
※10症例未満の場合は個人の特定を防ぐため「-」で表記しております。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤-ステントグラフト内挿術-処置1:0-処置2:なし-副病:0 24 9.13 11.75 4.17% 76.54
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患-下肢静脈瘤手術等-処置1:0-処置2:0-副病:0 18 3.00 2.78 0.00% 68.06
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。)-ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等-処置1:なし-処置2:1あり-副病:なし 15 18.60 23.77 6.67% 70.00
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患-心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等-処置1:なし-処置2:1あり-副病:0 12 16.58 22.71 0.00% 76.25
050163xx01x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤-大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 上行大動脈及び弓部大動脈の同時手術等-処置1:0-処置2:1あり-副病:なし 28.02
非破裂性大動脈瘤の症例数が多くなっております。この他にも手術および人工呼吸器を用いるような重篤な症例の診療も行っています。
※10症例未満の場合は個人の特定を防ぐため「-」で表記しております。
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x101xxxx 鼠径ヘルニア(15歳未満)-ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等-処置1:0-処置2:0-副病:0 11 3.00 2.81 0.00% 3.55
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア-ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等-処置1:0-処置2:0-副病:0 8.05
140590xx97xxxx 停留精巣-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:0 3.13
11022xxx04xxxx 男性生殖器疾患-包茎手術-処置1:0-処置2:0-副病:0 3.88
140245xx01xxxx 舌・口腔・咽頭の先天異常-舌繋瘢痕性短縮矯正術等-処置1:0-処置2:0-副病:0 3.09
鼠径ヘルニアの症例が最も多くなっております。
※10症例未満の場合は個人の特定を防ぐため「-」で表記しております。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍-子宮頸部(腟部)切除術等-処置1:0-処置2:なし-副病:0 83 3.04 3.13 0.00% 42.16
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍-手術なし-処置1:0-処置2:4あり-副病:なし 66 8.77 4.58 0.00% 57.62
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍-卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等-処置1:0-処置2:0-副病:0 54 6.94 6.21 0.00% 37.76
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍-子宮悪性腫瘍手術等-処置1:0-処置2:なし-副病:0 44 15.86 12.29 0.00% 60.61
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍-子宮全摘術等-処置1:0-処置2:0-副病:0 44 14.05 9.71 0.00% 47.00
子宮頸・体部の悪性腫瘍の症例数が最も多くなっております。
厚生労働省の定めた診断群分類および集計定義に基づいているため、診療実績とは異なります。併せて診療科紹介もご覧いただければと思います。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:0-片眼 1191 2.47 2.78 0.00% 76.26
020220xx97xxx0 緑内障-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:0-片眼 44 5.86 7.53 0.00% 68.93
020200xx9710xx 黄斑、後極変性-手術あり-処置1:あり-処置2:なし-副病:0 40 7.25 6.71 0.00% 72.38
020160xx97xxx0 網膜剥離-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:0-片眼 36 9.11 9.33 0.00% 59.11
020240xx97xxx0 硝子体疾患-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:0-片眼 36 6.31 5.95 0.00% 76.11
白内障、水晶体の疾患が最も多い症例で、平均在院日数は全国平均の2.78日と比較し0.31日短い2.47日となっております。
緑内障や黄斑、後極変性の症例も昨年度より増えております。
併せて診療科紹介もご覧いただければと思います。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎-手術なし-処置1:0-処置2:0-副病:0 83 5.92 5.45 0.00% 35.45
030400xx99xxxx 前庭機能障害-手術なし-処置1:0-処置2:0-副病:0 81 6.26 5.01 0.00% 61.56
030428xxxxxxxx 突発性難聴-処置1:0-処置2:0-副病:0 61 7.10 8.93 0.00% 54.74
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎-処置1:0-処置2:0-副病:0 39 8.92 6.80 0.00% 52.62
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎-扁桃周囲膿瘍切開術等-処置1:0-処置2:0-副病:0 38 6.63 7.76 0.00% 32.84
昨年度においては、突発性難聴が一番多い症例数でありましたが、今年度は扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎の症例数が増え、
一番多い症例数となりました。
併せて診療科紹介もご覧いただければと思います。
脳神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010160xx99x00x パーキンソン病-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 13 22.15 17.72 15.38% 79.08
010080xx99x001 脳脊髄の感染を伴う炎症-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし-15歳以上 12 17.50 12.00 0.00% 38.25
010160xx99x01x パーキンソン病-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:あり 11 39.91 31.56 45.45% 78.27
010060x2990200 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)-手術なし-処置1:なし-処置2:2あり-副病:なし-発症前Rankin Scale 3、4又は5 10 16.70 19.67 0.00% 76.20
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)-手術なし-処置1:なし-処置2:4あり-副病:なし-発症前Rankin Scale 3、4又は5 19.66
昨年度においては、てんかんが一番多い症例数でありましたが、今年度はパーキンソン病の症例数が増えた結果となりました。
厚生労働省の定めた診断群分類および集計定義に基づいているため、診療実績とは異なります。
併せて、診療科紹介もご覧いただければと思います。
※10症例未満の場合は個人の特定を防ぐため「-」で表記しております。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080180xx99xxxx 母斑、母斑症-手術なし-処置1:0-処置2:0-副病:0 109 2.06 3.92 0.00% 0.35
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物-皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等-処置1:なし-処置2:0-副病:0 42 2.41 4.01 0.00% 50.88
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外)-皮膚悪性腫瘍切除術等-処置1:0-処置2:なし-副病:0 36 2.97 7.90 0.00% 79.47
080010xxxx0xxx 膿皮症-処置1:なし-処置2:0-副病:0 18 13.22 12.55 0.00% 44.06
080020xxxxxxxx 帯状疱疹-処置1:0-処置2:0-副病:0 13 10.23 9.00 0.00% 71.62
母斑、母斑症の症例が最も多く、平均在院日数は全国平均の3.92日と比較し1.86日短い2.06日となっております。
併せて、診療科紹介もご覧いただければと思います。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:あり-処置2:0-副病:なし 339 3.07 2.49 0.00% 71.75
110070xx0200xx 膀胱腫瘍-膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術-処置1:なし-処置2:なし-副病:0 109 8.95 7.07 0.00% 76.81
11012xxx020x0x 上部尿路疾患-経尿道的尿路結石除去術-処置1:なし-処置2:0-副病:なし 73 4.07 5.61 0.00% 61.75
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等-経尿道的前立腺手術等-処置1:0-処置2:0-副病:0 51 9.59 8.52 0.00% 71.90
110070xx99x20x 膀胱腫瘍-手術なし-処置1:0-処置2:2あり-副病:なし 40 13.40 10.65 0.00% 73.70
前立腺悪性腫瘍に対する症例数が一番多くなっており、昨年度の比較して、87症例多くなっております。
併せて、診療科紹介もご覧いただければと思います。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患-経皮的冠動脈形成術等-処置1:なし、1,2あり-処置2:なし-副病:なし 164 4.62 4.40 0.61% 69.71
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患-手術なし-処置1:1あり-処置2:なし-副病:なし 108 3.09 3.01 0.00% 69.83
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞-その他の手術あり-処置1:なし、1あり-処置2:なし-副病:なし 85 11.82 12.37 2.35% 67.60
050130xx99000x 心不全-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 85 20.42 17.71 12.94% 86.04
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患-手術なし-処置1:2あり-処置2:なし-副病:なし 68 3.71 3.15 0.00% 69.69
昨年度同様に、狭心症、慢性虚血性心疾患に対する経皮的冠動脈形成術の症例数が多くなっております。
急性心筋梗塞も昨年度より5件増えております。
併せて、診療科紹介もご覧いただければと思います。
腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫-手術なし-処置1:0-処置2:4あり-副病:なし 15.79
※10症例未満の場合は個人の特定を防ぐため「-」で表記しております。
総合診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症-手術なし-処置1:0-処置2:0-副病:なし 45 17.27 12.58 20.00% 79.20
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 37 21.03 20.84 27.03% 85.76
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし-A-DROP スコア1 18 11.61 13.48 11.11% 85.61
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし-A-DROP スコア2 17 15.24 15.17 11.76% 85.41
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。)-手術なし-処置1:0-処置2:1あり-副病:なし-85歳未満 17 12.94 13.72 0.00% 65.88
腎臓または尿路感染症・誤嚥性肺炎の患者さんの症例数が最も多くなっております。
併せて、診療科紹介もご覧いただければと思います。
乳腺甲状腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍-乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等-処置1:0-処置2:なし-副病:0 92 14.44 10.34 0.00% 64.38
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍-乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)-処置1:0-処置2:なし-副病:0 44 9.73 6.10 0.00% 65.27
090020xx97xxxx 乳房の良性腫瘍-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:0 3.94
090010xx99x01x 乳房の悪性腫瘍-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:あり 12.92
070040xx99x2xx 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。)-手術なし-処置1:0-処置2:2あり-副病:0 22.54
本年度も乳房悪性腫瘍に対し乳房部分切除術を実施した症例が最も多くなりました。
厚生労働省の定めた診断群分類および集計定義に基づいているため、診療実績とは異なります。
併せて、診療科紹介もご覧いただければと思います。
※10症例未満の場合は個人の特定を防ぐため「-」で表記しております。
緩和ケア科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:0 14.62
040050xx99x0xx 胸壁腫瘍、胸膜腫瘍-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:0 14.98
180050xx99xxxx その他の悪性腫瘍-手術なし-処置1:0-処置2:0-副病:0 14.34
060020xx99x00x 胃の悪性腫瘍-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 10.79
060060xx99x00x 胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 11.21
※10症例未満の場合は個人の特定を防ぐため「-」で表記しております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 63 15 29 18 27 1 8
大腸癌 35 25 39 26 16 35 2 9
乳癌 58 46 10 24 1 8
肺癌 72 15 67 90 33 1 8
肝癌 15 14 10 57 2 6
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
Ⅰ定義
①集計期間に退院した患者さんを対象にしています。延べ患者数のため、1人でも場合によっては複数回(入院回数)のカウントとなっています。
②10症例に満たない場合は、ハイフン(-)で表記しています。
③国際基準であるUICC(国際対がん連合監修)に基づいて進行度をStage別に分類したものです。進行度のStage分類は、腫瘍の大きさや広がり、リンパ節転移の有無とその範囲、遠隔転移の有無によって決定します。
④「初発」は癌と判明して最初に計画された治療のための入院がすべて含まれます。「再発」は初回治療終了後や、再発・転移をきたしたものです。
Ⅱ 解説
全がんともStageⅠでは手術を行っている患者さんが多くなっています。StageがⅢ~Ⅳでは化学療法や放射線治療を行う患者さんが多くなります。
胃がんや大腸癌は侵襲の少ない腹腔鏡手術を積極的に行い早期の癌に対しては内視鏡治療での切除を行っています。乳癌はStageⅠ~Ⅱでは手術と化学療法の併用治療を行っている患者さんが多くみられ、肺癌や乳癌では放射線治療がすべてのStageを対象に行っています。
「不明」の症例は退院時に病理検査結果が出ていないため、病気分類できないものを掲載しています。検査結果をもとに後日病気分類を行っています。
当院は地域がん診療拠点病院に指定されており、手術療法、化学療法、放射線治療をはじめとした幅広い治療を行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 20 8.30 42.85
中等症 158 14.91 79.23
重症 21 23.52 85.67
超重症
不明 - - -
Ⅰ定義
①集計期間に退院した患者さんを対象にしています。
②この集計での成人とは、20歳以上の患者さんを指します。
③市中肺炎とは、普段の生活の中で羅漢した肺炎を指します。
④入院契機傷病名および最も医療資源を投入した傷病名が「肺炎(国際疾病分類(ICD10)において、該当するものに限る)」が対象です。インフルエンザ等のウイルス性肺炎、誤嚥性肺炎、入院後発症の肺炎は対象外となります。
⑤重症度は、日本呼吸器学会による「市中肺炎ガイドライン」の重症度システムに基づき分類しています。それぞれの基準値に該当する項目数の合算により評価をするものです。
重症度は各項目の該当数により評価され、0は軽傷、1~2は中等度、3は重症、4~5もしくは意識障害に該当する場合は1項目であっても超重症度となります。また、5つの項目のうち1つでも不明の評価があると、重症度は不明となります。

Ⅱ解説
症例数を見ると中等症~超重症の割合が全体的に多くなっております。
当院は地域医療支援病院でもあり、地域の医療機関より紹介をいただくことも多く、重症・超重症に該当する方だけでなく中等症に該当する方も多く受け入れております。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 159 29.57 75.48 41.24%
その他 18 28.33 74.00 3.95%
Ⅰ 定義
①集計期間に退院した患者さんのうち、医療資源を最も投入した傷病名が「脳梗塞(国際疾病分類(ICD10)に該当する患者」が対象です。
②「転院」については退院先が「他医療機関への転院」の患者さんをカウントしております。

Ⅱ 解説
発症から3日以内に治療を開始した症例は168件(90%強)です。迅速に治療を開始することで早期離床に繋がり、リハビリテーションを開始することができます。
治療後は、重症度に応じて自宅退院、回復期リハビリテーション病院等への転院となります。地域の医療機関と連携し、継ぎ目のない医療を実現するために退院調整を行っております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)
K386 気管切開術
K522-2 食道ステント留置術
K654 内視鏡的消化管止血術
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
併せて診療科紹介をご覧いただければと思います。
※10症例未満の場合は個人の特定を防ぐため「-」で表記しております。
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 62 2.16 3.84 0.00% 73.89
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 43 1.21 7.05 0.00% 75.70
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 43 3.61 10.91 2.33% 79.35
K654 内視鏡的消化管止血術 42 3.43 14.12 9.52% 72.12
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 30 0.93 3.80 0.00% 69.83
最も手術症例数の多い術式としては昨年同様、内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術となっております。
胃・十二指腸の早期悪性腫瘍におきましても、内視鏡下の粘膜下層剥離術で患者さんの負担を少なくできるよう取り組んでおります。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 19 0.00 15.37 5.26% 0.00
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) 15 0.00 22.33 26.67% 0.00
K7151 腸重積症整復術(非観血的) 12 0.25 1.67 8.33% 0.58
K367 咽後膿瘍切開術
K419 舌小帯形成手術
診療科紹介をご覧いただければと思います。
※10症例未満の場合は個人の特定を防ぐため「-」で表記しております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 87 2.48 5.43 2.30% 63.31
K6335 鼠径ヘルニア手術 69 1.15 3.39 0.00% 73.26
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 43 0.67 4.07 0.00% 37.91
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 39 2.80 11.41 0.00% 73.26
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 31 1.10 2.81 0.00% 64.13
最も手術症例数の多い術式は腹腔鏡下胆嚢摘出術となっております。
腹腔鏡下虫垂切除術も昨年度より増えております。
診療科紹介をご覧いただければと思います。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝) etc. 101 1.57 23.67 15.84% 74.38
K0461 骨折観血的手術(大腿) etc. 95 3.48 13.50 32.63% 70.84
K0462 骨折観血的手術(前腕) etc. 65 1.92 5.26 9.23% 56.77
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(前腕) etc. 45 1.11 1.38 0.00% 49.47
K0463 骨折観血的手術(鎖骨) etc. 43 1.40 3.09 2.33% 45.58
最も手術症例数の多い術式は人工関節置換術(膝)となっております。
他にも昨年同様、骨折観血的手術(大腿)、骨折観血的手術(前腕)の症例数が多くなっております。
診療科紹介をご覧いただければと思います。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 46 0.89 3.74 0.00% 77.78
K333 鼻骨骨折整復固定術 23 0.91 1.70 0.00% 30.70
K334-2 鼻骨変形治癒骨折矯正術 10 1.00 5.90 0.00% 33.50
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後)
K0151 皮弁作成術、移動術、切断術、遷延皮弁術(25cm2未満)
最も手術症例数の多い眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法)を実施した症例は、昨年とほぼ同水準となっております。
診療科紹介をご覧いただければと思います。
※10症例未満の場合は個人の特定を防ぐため「-」で表記しております。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 33 3.18 23.58 39.39% 81.97
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 20 5.50 22.15 10.00% 69.85
K178-4 経皮的脳血栓回収術 11 0.73 45.00 90.91% 75.64
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 11 2.36 15.09 9.09% 73.36
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 10 1.70 50.30 80.00% 71.00
昨年度と同様、慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術が最も多い症例となっております。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 47 2.00 8.36 0.00% 71.98
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 15 7.67 4.87 0.00% 31.40
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除)
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除)
K513-4 胸腔鏡下肺縫縮術
患者さんの負担の少ない胸腔鏡下手術を数多く実施しております。最も手術症例数の多い胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術は昨年度と同水準となっております。
※10症例未満の場合は個人の特定を防ぐため「-」で表記しております。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5612ロ ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 25 3.20 7.36 8.00% 76.60
K5612イ ステントグラフト内挿術(胸部大動脈) 18 3.94 8.78 11.11% 77.33
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 16 1.00 1.00 0.00% 69.13
K5601ニ 大動脈瘤切除術(上行)(その他) 14 3.07 26.71 28.57% 76.43
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上) 12 5.25 25.33 16.67% 72.25
昨年度と同様、ステントグラフト内挿術が最も多い症例となっております。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 11 1.00 1.00 0.00% 3.55
K6333 臍ヘルニア手術
K836 停留精巣固定術
K419 舌小帯形成手術
K8281 包茎手術(背面切開術)
鼠径ヘルニア手術が最も多い症例となっております。
※10症例未満の場合は個人の特定を防ぐため「-」で表記しております。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの) 85 0.94 5.01 0.00% 38.11
K867 子宮頸部(腟部)切除術 83 1.00 1.04 0.00% 42.16
K877 子宮全摘術 58 2.85 12.79 0.00% 53.22
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 42 1.00 5.19 0.00% 47.57
K879 子宮悪性腫瘍手術 33 3.46 13.61 0.00% 58.85
子宮附属器腫瘍摘出術が最も多い症例となっております。術前・術後の在院日数は昨年度と同水準となっております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 1191 0.27 1.20 0.00% 76.30
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 103 0.77 6.10 0.00% 67.91
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 32 0.13 3.97 0.00% 70.56
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 22 0.64 6.27 0.00% 74.45
K2683 緑内障手術(濾過手術) 12 0.08 6.83 0.00% 64.58
最も手術症例数の多い白内障治療のための水晶体再建術は、昨年度と比較し大幅に増加しております。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 54 1.22 7.28 0.00% 20.63
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 34 1.21 7.56 0.00% 53.82
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 32 0.03 4.84 0.00% 33.75
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 11 1.00 6.55 0.00% 49.36
K347 鼻中隔矯正術 10 1.00 7.00 0.00% 43.20
口蓋扁桃手術(摘出)が最も多い症例となっております。
脳神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
K386 気管切開術
K1911 脊髄腫瘍摘出術(髄外)
K396 気管切開孔閉鎖術
K0461 骨折観血的手術(大腿)
詳細は、診療科紹介をご覧ください。
※10症例未満の場合は個人の特定を防ぐため「-」で表記しております。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 46 0.09 1.80 0.00% 80.48
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) 19 0.32 1.00 0.00% 33.37
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) 16 0.31 1.00 0.00% 30.88
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) 10 0.10 1.00 0.00% 60.30
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満)
最も手術症例数の多い皮膚悪性腫瘍切除術を実施する症例は、昨年より大幅に増加しております。
※10症例未満の場合は個人の特定を防ぐため「-」で表記しております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 113 1.20 6.95 0.00% 77.01
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 76 1.13 2.43 0.00% 62.00
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 58 0.90 4.98 6.90% 71.64
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザー) 36 1.19 7.33 0.00% 71.53
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 26 2.81 16.35 0.00% 69.27
膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)が最も多い症例となっております。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 145 3.46 3.25 3.45% 70.48
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 68 0.18 13.84 10.29% 70.06
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 56 1.63 4.23 0.00% 76.73
K5482 経皮的冠動脈形成術(エキシマレーザー血管形成用カテーテル) 28 2.79 7.82 3.57% 69.64
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 28 0.00 12.50 3.57% 66.25
最も手術症例数の多い術式は、経皮的冠動脈ステント留置術となっております。当院は、循環器病基幹施設となっております。
併せて、診療科紹介をご覧ください。
総合診療科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 11 10.36 29.82 36.36% 79.73
K386 気管切開術
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)
K654 内視鏡的消化管止血術
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術
最も手術症例数の多い術式は胃瘻造設術となっております。
※10症例未満の場合は個人の特定を防ぐため「-」で表記しております。
乳腺甲状腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 57 2.11 10.21 1.75% 66.56
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 46 2.15 6.83 0.00% 65.41
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 32 2.06 13.66 0.00% 61.31
K4741 乳腺腫瘍摘出術(長径5cm未満)
K4742 乳腺腫瘍摘出術(長径5cm以上)
手術症例数上位3術式は昨年と同様です。
※10症例未満の場合は個人の特定を防ぐため「-」で表記しております。
緩和ケア科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法
K735-4 下部消化管ステント留置術
K522-2 食道ステント留置術
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)
2019年度から緩和ケア病棟が開棟致しました。詳しくは、ホームページをご覧ください。
※10症例未満の場合は個人の特定を防ぐため「-」で表記しております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる 22 0.17%
180010 敗血症 同一 25 0.20%
異なる 60 0.47%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる 20 0.16%
180040 手術・処置等の合併症 同一 30 0.24%
異なる 12 0.09%
Ⅰ 定義
①DICとは、播種性血管内凝固(Disseminated Intravascular Coagulation)の略です。
②症例は、最も医療資源を投入した傷病名が「播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症、手術・処置等の合併症であるものが対象です。入院契機となった傷病名と最も医療資源を投入した傷病名が同一かどうか区別してカウントしています。
③発生率は「症例数/一般病棟に入院した全退院患者数」で表しています。
④10症例に満たない場合は、ハイフン(-)で表記しています。

Ⅱ 解説
これらは重篤な主疾患の合併症として発症しているケースが多いため、臨床上ゼロにはなりえないものですが、少しでも改善できるよう努めています。
DICとは、種々の基礎疾患により血管内で小さな血栓が作られ、出血傾向と虚血性障害のような症状が生じます。
敗血症とは、体内の細菌感染巣から病原菌や毒素が血液と共に全身に回り急性循環不全や意識障害、ショックなどの症状が生じます。重篤な症状のため、
集中管理による強力な治療が必要です。
手術・処置の合併症は、透析部位の狭窄や人工関節の脱臼などがみられます。
更新履歴