• 埼玉病院のご案内
  • 診療科・部門紹介
  • 患者さんへ
  • 医療関係者の方へ
  • 職員募集
  • 交通アクセス

埼玉病院 トップ > 安心して療養できる診療体制について

安心して療養できる診療体制について

 新型コロナウイルス感染症の流行は、緊急事態宣言が解除されるなど、一定の落ち着きを見せていますが、収束に至るまでには、なお相当の長期の時間を要することが見込まれます。当院としては通常診療の患者さんも、新型コロナウイルス感染症の患者さんも安心して受診ていただくために

★感染対策
患者さんが安心して受診・入院できるよう、陰圧個室利用や感染者と非感染者が交差しない導線確保等の感染予防対策を実施しています。

★PCR検査等
入院治療が必要で、新型コロナウイルス感染症に感染しているかどうかわからない患者さんに対してPCR検査等を実施いたします。

などの対策を実施しています。
具体的な対策に関しては以下をご覧ください。

  1. 外来受診・入院における感染症対策
  2. 放射線科・検査科・内視鏡センターにおける感染症対策
  3. 手術室における感染症対策
  4. 救急外来における感染症対策

 今後とも、新型コロナウイルス感染症流行拡大にも備えつつ、地域の皆様が安心して受診できるよう全ての疾患の患者さんと職員の安全確保を図り、必要とされる医療を提供してまいります。

病院長 原 彰男

新型コロナウイルス感染症等感染防止対策実施医療機関みんなで安心マーク

日本医師会より「新型コロナウイルス感染症等感染防止対策実施医療機関 みんなで安心マーク」が当院に発行されました。
このマークは、患者さんが安心して医療機関に来院できるよう、感染防止対策を徹底している医療機関に対して発行されるものです。



新型コロナウイルス関連味覚・嗅覚外来開設について

新型コロナウイルス感染から回復したのちも様々な後遺症に悩まされる患者がいます。その中で最も多い後遺症が嗅覚・味覚障害でありその割合は2~3割といわれています。その症状は速やかに改善されることもあれば長期間にわたることもあり多くの方が悩んでいます。そこでこのような後遺症に苦しむ方に対し、嗅覚・味覚障害に対する専門外来を設けました。嗅覚と味覚は密接に関連しており、味覚障害の主訴で受診された方の中には味覚は正常にもかかわらず嗅覚が悪いために味覚が悪いと感じている方もいます。そこで、味覚、嗅覚障害の患者に対し、味覚検査、嗅覚検査、採血検査を行い味覚、嗅覚それぞれ単独の障害か複合的な障害かを確認したうえで治療法を選択していきたいと考えております。