職員募集
  • 埼玉病院のご案内
  • 診療科・部門紹介
  • 患者さんへ
  • 医療関係者の方へ
  • 職員募集
  • 交通アクセス

臨床研修医募集案内

埼玉病院 トップ > 職員募集 > 臨床研修医募集案内

〇初期研修について

プログラム責任者:小児・周産期母子センター部長 上牧勇

埼玉病院での初期研修医生活

 4月に辞令交付を受け、いよいよ医師としてのスタートを切ります。まずは、オリエンテーションから。100名以上の新入職員と共に全体のオリエンテーションを受け、翌日からは院長と共に朝の挨拶に参加してもらいます。
 オリエンテーションが終了すると各科に配属されます。そこでも、看護師さんやその他の病棟スタッフへの挨拶から始まります。病棟では、朝のカンファレンス、受け持ち患者さんの診察、様々な処置、検査などがあります。帰りが遅くなる日もしばしばです。
 慣れてくると内科系当直が始まります。最初は原則として2年医とペアで当直です。指導医がしっかり指導してくれますので、心配はいりません。いろんなことに首を突っ込んで、できるだけ多くの経験をするといいでしょう。
 研修医が参加を義務付けられているものには、共通講義、合同カンファレンス(医師会の先生とのカンファレンス)、研修医抄読会、救急症例検討会、心電図勉強会、院内学会などなど多数あります。様々な勉強会が企画されますので積極的に参加していきましょう。また、当院では学会発表の指導も行っています。国立病院学会や埼玉県医学会では、ほとんどの研修医が発表を経験しています。カンファレンスでのプレゼンだけでなく、学会発表についても指導を受けることができます。経験を積んでいくと怖いものも無くなります。
 このような環境で、やる気のある仲間たちと切磋琢磨しながら2年間の研修生活を送ると、2年後には、病棟業務や内科当直を一人でできるようになります。学会発表も3、4回経験し、専攻医となって専門に進んでも不安なくやっていけることでしょう。
 忙しい日々ですが、夏休みを取得してリフレッシュできます。職員のクラブ活動(バレー、バドミントン、バスケットボールなど)や職員ビアフェスタ、院内学会の後のワインのゆうべなど楽しいイベントもあります。
 我々と一緒に忙しく、楽しい研修生活を送ってみませんか。

臨床研修関係問合せ先

事務的内容: 医療支援室 研修医事務担当者 牛野
Mail:ushino.miki.rx@mail.hosp.go.jp
研 修 内 容: 研修責任者 小児・周産期母子センター部長 上牧 勇
Mail:kamimaki.isamu.bv@mail.hosp.go.jp

病院見学申込み 募集要項
研修プログラム 臨床研修情報