診療科・部門紹介
  • 埼玉病院のご案内
  • 診療科・部門紹介
  • 患者さんへ
  • 医療関係者の方へ
  • 職員募集
  • 交通アクセス

消化器内科(概要)

埼玉病院 トップ > 診療科・部門紹介 > 消化器内科(概要)

消化器内科

消化器内科概要

 消化器とは、食道・胃・十二指腸・小腸・大腸といった消化管ならびに肝臓・胆のう・膵臓であり、多くの臓器を対象としています。その中で消化器内科では、外科的治療(開腹手術)を行わない疾患や症状のある方を診療しています。

 逆流性食道炎や胃・十二指腸潰瘍、ピロリ菌に対する内科的治療を始め、消化管出血に対しては内視鏡で治療を行います。潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患は、免疫調節剤や生物学的製剤による治療も行っております。
 当院では、超音波検査、CT、MRIといった画像診断や、食道・胃・十二指腸(上部消化管)内視鏡検査、大腸内視鏡検査、超音波内視鏡検査(EUS)は外来で検査可能です。また入院で、小腸内視鏡検査、胆道(胆のうや胆管)・膵疾患に対する精査、治療を行っています。
 消化器がんの診療では、外科や放射線科と密に連携を取りながら、治療方針を検討しています。内視鏡検査で、早期の食道がん・胃がん・大腸がんと診断された場合には、外科的治療と比較して身体的に負担が少ない、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を行っています。進行がんについては、ガイドラインに則り、患者さんの状態に合わせ標準治療を行っています。また緩和ケア内科にもサポートしてもらいながら診療も行っています。

 当院は埼玉県の肝疾患診療連携拠点病院として、肝疾患診療も多岐に行っています。C型肝炎はインターフェロンを用いずに、抗ウィルス薬の内服のみで治療を行うことができます。またフィブロスキャンという機器を用いて、肝臓の硬さ(線維化)や脂肪肝の程度を測定することができます。肝がんについては、穿刺治療(ラジオ波焼灼凝固療法もしくはマイクロ波凝固療法)、カテーテル治療(肝動脈化学塞栓術、肝動注療法)、抗がん剤治療まで幅広く行っております。急性肝不全については、肝移植の検討が必要であれば当院で治療を行いつつ、移植可能な施設に相談しています。
 患者さん一人一人にあった、価値に基づく医療(Value based medicine)を提供するよう努めております。