診療科・部門紹介
  • 埼玉病院のご案内
  • 診療科・部門紹介
  • 患者さんへ
  • 医療関係者の方へ
  • 職員募集
  • 交通アクセス

脳神経外科(脳内出血)

埼玉病院 トップ > 診療科・部門紹介 > 脳神経外科(概要) > 脳内出血

脳神経外科

脳内出血

脳内出血は脳の中に出血する病気です。脳内出血の7割は高血圧が原因で、動脈硬化で脳の細い血管に異常が生じ、そこから出血すると考えられております。脳内出血の症状は、出血した場所や出血量により異なります。軽症であれば頭痛や嘔吐で済みますが、重症になると麻痺や言語障害、意識障害など、更には死亡する可能性もあります。
治療は、軽症であれば血圧管理を中心に内服・点滴での治療を行います。重症であれば手術を行います。手術は、血腫を取り除いて脳の圧迫を和らげる目的で行われます。手術は、開頭手術(全身麻酔で頭の骨を大きく開ける手術)が一般的に行われますが、当院では患者への侵襲を考慮して、神経内視鏡手術(頭の骨を小さく開け、内視鏡で内部を観察しながら手術する)を優先して行っております。


詳細については一般社団法人 日本脳神経外科学会 脳神経外科疾患情報ページへのリンクもご参照下さい。
http://square.umin.ac.jp/neuroinf/medical/105.html