診療科・部門紹介
  • 埼玉病院のご案内
  • 診療科・部門紹介
  • 患者さんへ
  • 医療関係者の方へ
  • 職員募集
  • 交通アクセス

脳神経外科(脊髄刺激療法(SCS))

埼玉病院 トップ > 診療科・部門紹介 > 脳神経外科(概要) > 脊髄刺激療法(SCS)

脳神経外科

脊髄刺激療法(SCS)

 独立行政法人 国立病院機構 埼玉病院の脳神経外科では脊髄刺激療法(SCS)を実施する事で治療抵抗性の慢性難治性疼痛の治療に積極的に取り組んでいます。

 慢性疼痛は患者の生活の質を著しく低下させ、就労困難を招く等、社会的損失が大きいとされます。また、受療頻度の高い上位5疾病に腰痛症、肩こり症が含まれ、頻度の高い自覚症状の上位には、各部位の痛みがあります。その一方で、治療に抵抗性をしめす慢性の痛みの診療に対して、必ずしも適切な治療が選択されず、痛みを専門とする診療体制や、そのために必要な制度、人材育成・教育体制も十分に整備されているとは言えない状況が続いてきました。特に、難治性の痛みには、様々な疾患による痛みが存在し、病態が十分に解明されておらず、診断や治療が困難な症例も多く存在します。

 特に、難治性の神経障害性疼痛と呼ばれる難治性の慢性疼痛に対しては脊髄刺激療法の最新治療機器を導入しています。今まで慢性の痛みで悩まれていた患者さんとっては、低侵襲で出血がほとんど伴わない手術での疼痛軽減が可能となる為、早期離床とともにQOLの改善が期待できます。

 慢性の痛みの一つである神経障害性疼痛は、神経の損傷あるいはそれに伴う機能異常により起こる痛みで、様々な知覚異常を伴い、慢性化することで社会生活や日常生活の質を大きく損ないます。米国や首都圏の一部の先進医療機関において疼痛軽減を目的とした脊髄刺激療法が導入されてきましたが、本格的に導入する医療機関が少なく問題視されていました。

 脊髄刺激療法は脊髄に電気刺激を行うことで、痛みを緩和させる治療法です。本治療は2段階で行われます。まず、本治療の効果を判定する目的で試験刺激(脊髄刺激療法の流れを参照下さい)が行われ、結果が良好な場合には腹部にペースメーカーと似た構造の脊髄刺激装置の植込みを行う簡便な手術です。2014年1月より従来併用禁忌となっておりました全身用MRIの撮像が条件付きで可能となる新製品も登場し、ますます適応となる疾患の拡大が期待されています。

この脊髄刺激療法は従来の手術と比較し、

 ― 低侵襲の為、体や骨に対する負担が軽減されます。

 ― 試験刺激により、本手術前に患者さん自身がその効果を確認することができます。

 ― 刺激装置と電極は抜去可能な為、可逆性のある治療です。

本治療は当局の保険適用を受けており、健康保険による治療対象となります。


痛みをコントロールしてより良い生活を
 ~新しい治療法・脊髄刺激療法(SCS, Spinal Cord Stimulation)について~


【患者さんのQOL向上を目指して】

治療してもなかなか痛みが軽くならない、原因がよくわからないまま痛みが続く…そんな痛みを抱えて悩んでいる人は少なくありません。
今、慢性的な痛みに対する治療法のひとつとして、脊髄刺激療法(SCS)が注目されています。当院では、脊髄刺激療法を積極的に取り組み、患者さんのQOL(生活の質、Quality of Life)の向上を目指しています。

【我慢しないのが痛みに対する治療法】

痛みの原因を特定できることもありますが、痛みが長く続くと、検査をしても原因が分からない痛みもあります。長く痛みが続く場合には、精神的な合併症があることも多くみられます。痛みは非常に精神的な影響を受けます。気持ちが沈んでいると、痛みをより強く感じることもあり、神経や筋肉、脳、脊髄などの痛みが、精神的な影響によってさらに強くなっていることもあります。
我慢は痛みを強くすることがあっても、やわらげることはできません。
「痛みをやわらげながら原因を探る」これが痛みに対する治療法と考えています。

【新たな治療法、脊髄刺激療法】

今、痛みに対する治療法のひとつとして、脊髄刺激療法(SCS)という外科的な治療が注目を集めています。痛みの信号は脊髄を通って脳に伝わり、痛いと認識されます。SCSは脊髄と脊柱の間(硬膜外腔)に、先端に電極のついた細い導線(リード)を挿入して、わずかな電気を流すことで、痛みを脳に伝わりにくくする方法です。


※脳卒中後に発症する痛み、脊椎の手術後に残る痛み、パーキンソン病による痛み等
 詳しくは脊髄刺激療法の効果が期待できる患者像をご参照下さい。

【脊髄刺激療法の効果が期待できる患者像】

①薬物療法(オピオイド等)で副作用に困っている方
 →SCSによる疼痛緩和から薬物の減量・離脱が期待できる

② 手術適応が無く保存療法では対処し切れなくなった方
 (循環器・呼吸器疾患があり全身麻酔が不可など)
 →カテーテル型リードにおいては局所麻酔で手術可能

③硬膜外ブロックなどで著効例がある、
 または、硬膜外ブロックの効果持続を望んでいる方
 →SCSはブロック療法で得られる効果が24時間365日持続する感覚

④脳卒中後疼痛の発症により日常生活が困難になっている方
 →疼痛を緩和する事でADL及びQOLの著しい低下を防ぐ

⑤脳損傷後の遷延性意識障害(Minimally Conscious State)で
 持続的ではないが、何らかの意志を示す動作を確認出来る方
 →発症後、満3ヶ月以上経過した患者さんで運動機能回復例有り

⑥術後、痛みの再燃を訴える方で再手術の施行を避けたい方
 →可逆的なSCSにより再手術 or 保存療法を患者自身が選択

⑦腰下肢痛がパーキンソン病発症以前より存在、または
 パーキンソン病発症後に増悪し、外科的治療の対象とならない方
 →固定を避けたい患者さんにSCSで対処。腰曲り・歩行改善例有り


【試験刺激(パンクチャートライアル)の流れ】

①手術は2段階に分かれている。

② 事前に治療効果を体験して頂く事が可能。

③必要な時に脊髄刺激療法の導入を検討。

入院→検査→患者教育→試験刺激(3日〜7日)→退院


試験刺激で効果あり→植え込みに(再入院し本植え込み術を行う)

試験刺激で効果なし→抜去して元の状態に