診療科・部門紹介
  • 埼玉病院のご案内
  • 診療科・部門紹介
  • 患者さんへ
  • 医療関係者の方へ
  • 職員募集
  • 交通アクセス

看護部

埼玉病院 トップ > 診療科・部門紹介 > 看護部

看護部

看護部の理念

患者さんの権利を尊重し、看護の専門性を生かした質の高い看護を提供します。

看護部の基本方針

情報の共有化を図り、共に学び、相互補完する専門職業人としての組織をめざします。

  1. 急性期医療及び高度専門医療に対応した質の高い看護の提供
  2. 家族主義に基づいた看護サービスの提供
  3. 急性期病院としての役割を発揮し、地域のニーズに応える
  4. 看護専門職としての人財育成と相互補完型の組織づくり

看護部長挨拶

 埼玉病院は埼玉県南西部医療圏の急性期医療を担っており、1941年に白子陸軍病院として創設されてから80年、地域に根ざした信頼される病院作りを目指してまいりました。
 2021年4月には病床数が550床となり、5月には念願の救命救急センターがスタート致しました。コロナ禍ではありましたが、救急患者さんの受け入れを縮小することなく、運用しております。「この地の人々の健康といのち、そして安心の心を守る」という理念のもとに「患者さん家族主義」「地域家族主義」「職員家族主義」を基本方針として、患者さん一人ひとりを自分の家族と思い、職員全員で患者さんを支えるチーム医療の推進と共に患者さんにも参加していただける医療を目指しています。
 どんなときにも地域の皆様に求められる病院であり続けられるよう、そして皆様が安心して質の高い医療を受けられるよう、看護部は看護の専門性を発揮して参ります。