診療科・部門紹介
  • 埼玉病院のご案内
  • 診療科・部門紹介
  • 患者さんへ
  • 医療関係者の方へ
  • 職員募集
  • 交通アクセス

薬剤部(薬務業務)

埼玉病院 トップ > 診療科・部門紹介 > 薬剤部(薬務業務)

薬剤部

薬務業務

 医薬品の発注・購入、検収、品質・在庫管理、病棟等への払出を行っています。採用医薬品は約1400品目で、後発品医薬品比率(数量割合)は約93%となっています。平成16年7月に導入した薬剤SPDは、発注・検収、品質・在庫管理、手術室や外来部門の定数補充の他各病棟への調剤済み薬剤の配送、調剤室・注射室の在庫の補充等を行っています。
在庫管理については、各科診療医師の増減や治療法の変化などの情報をもとに定期的に使用薬剤の変化を分析することによって在庫数量を決定し、不要な在庫を減少させ医薬品を効率的に使用するように務めています。
 医薬品の採用については、医薬品の新規採用時、後発品選定の際には機構本部契約の医薬品を優先し、類似している名称、形状、形態等の医療事故防止の観点を考慮した医薬品を採用対象とするようにしています。また、処方オーダを円滑に図るために日々マスタの作成、整備を行っています。


 
端末にて発注   システムにて在庫管理