診療科・部門紹介
  • 埼玉病院のご案内
  • 診療科・部門紹介
  • 患者さんへ
  • 医療関係者の方へ
  • 職員募集
  • 交通アクセス

形成外科(顔の骨が折れてしまったら!)

埼玉病院 トップ > 診療科・部門紹介 > 形成外科(概要) > 鼻の変形

形成外科

鼻の変形:斜鼻、陳旧性鼻骨骨折

「鼻をぶつけて、曲がったままになっている」というようなことはありませんか?
それは鼻の骨や軟骨が曲がったまま治ってしまったためです。
このような症状を斜鼻あるいは陳旧性鼻骨骨折と言います。
曲がりが強い場合は鼻中隔彎曲を伴い鼻の通りが悪くなることもあります。

当院形成外科では、骨の曲がりを正しい位置に戻し、軟骨を連結しなおす手術、
「外鼻形成術」の治療経験が豊富です。

お悩みのかた一度ご相談ください。

斜鼻・陳旧性鼻骨骨折に関する発表

>>> 学会発表のページへ


 
術 前

 
術 後

鼻骨骨切り専用器具一式

3Dモデルの利用

「鼻骨の変形は非常に複雑で、その形態は患者ごとに異なります。当院形成外科では3Dプリンターを使用し、各患者の撮影したCTデータより3Dモデルを作成し、骨形態の把握、治療プランの検討、患者とのイメージの共有に役立てています。

当院で作成した陳旧性鼻骨骨折の3Dモデル。鼻骨がわずかに左右非対称となっている。