診療科・部門紹介
  • 埼玉病院のご案内
  • 診療科・部門紹介
  • 患者さんへ
  • 医療関係者の方へ
  • 職員募集
  • 交通アクセス

放射線科(検査)

埼玉病院 トップ > 診療科・部門紹介 > 放射線科(概要) > 低線量肺がんCT検診(45歳以上の方限定)

放射線科

肺がんの現状と低線量肺がんCT検診の目的

日本人の死因の第一位は悪性新生物(広義のがん)ですが、そのなかで肺がん年間死亡数は74,120人(2017年)1)と最も多く、年々増加する状況を改善するために肺がんを早期に発見する努力が求められています。埼玉病院の低線量肺がんCT検診の目的は、肺がんを早期に発見することです。がんが大きくなる又は転移を起こす前の完治可能な時期に肺がんを見つけ、適切な早期治療を行うことです。

出典:1)国立がん研究センターがん対策情報センター「がん登録・統計」

低線量肺がんCT検診の目的と利益

肺がんCT画像

胸のレントゲン写真では、隣り合う臓器が重なり合うことにより、小さな肺がんを見つけることが困難な場合があります。低線量肺がんCT検診の目的は、肺がんを早期に発見することです。これにより、小さく且つより早い時期の肺がんを発見できることが国内外の研究でも報告されています。より小さい時期に肺がんを見つけることで、早期での適切な治療を行うことが可能となります。



低線量肺がんCT検診の利点

肺がんCT
Canon社製
AquilionONE VISION EDITION

CT健診による早期肺がんの発見率は、胸部エックス線検診に比べ高いことが知られています。当院で行う低線量CT検診の特筆すべき点は、320列CT装置と被ばく低減技術を用いるということです。この方法を用いることにより、極めて低い放射線量(当院での検証結果で、通常行われるCT検査の5分の1程度)で検査を行うことが可能になります。つまり、埼玉病院の低線量肺がんCT検診では、超低線量で高精度な検査をご提供することが可能です。




検査の流れ

  1. 検査予約:お電話もしくは当院窓口での検査のご依頼。
  2. 予約確定:予約案内状を郵送で送付いたします。
  3. 検査当日:新館、放射線科受付(1階)にお越しください。
  4. CT撮影(受付後、検査実施し会計まで約30分を予定しています。)
  5. お会計
  6. 検査結果:7日前後で検査結果を郵送いたします。


検診により異常が見つかった場合

【埼玉病院の呼吸器疾患治療】
もしも肺がんが検診によって見つかったとしても、早期に適切な治療を受けることができます。埼玉病院では、呼吸器内科及び呼吸器外科の診療体制を整えております。患者様のご希望により、検診結果判明の後に疾患に応じた治療を早期に開始することが可能です。手術適応症例によっては、患者様に負担の少ない胸腔鏡を使った低侵襲手術も可能です。
詳しくは呼吸器内科へ
詳しくは呼吸器外科へ


【埼玉病院の放射線治療】
肺がんCT画像

埼玉病院では最新鋭の放射線治療装置が導入されています。小さな肺がんであれば手術を行うことなく、高精度な放射線治療技術(体幹部定位放射線治療:SBRT)により胸を切らずに治療を行うことが出来ます。
詳しくは放射線治療へ




検診料金

肺がんCT画像

・低線量肺がんCT検診料金:10,000円(消費税抜)
・クレジットカードもご利用できます。




検診日

・【平日】 月曜日〜金曜日  8:00~8:30(4枠)、午前(1枠)、午後(1枠)
・【休日】 土曜日      午前(5枠)
  ※完全予約制で行わせていただいております。


ご予約

ご予約は予約センターにてお願いいたします。
・窓口予約 :平日午前8時30分~午後5時00分
・電話予約 :048-462-1201(平日午後1時30分~午後4時30分)


お問い合わせ

・放射線科新館受付 :平日午前9時00分~午後4時00分 
 

注意事項

以下の条件に当てはまる方はお申し込み時にお知らせください。
・妊娠中の⽅、妊娠している可能性のある⽅
・植込み型除細動器を使⽤中の⽅