診療科・部門紹介
  • 埼玉病院のご案内
  • 診療科・部門紹介
  • 患者さんへ
  • 医療関係者の方へ
  • 職員募集
  • 交通アクセス

呼吸器外科(呼吸器外科診療Q&A(術後経過篇))

埼玉病院 トップ > 診療科・部門紹介 > 呼吸器外科(概要) > 呼吸器外科診療Q&A(術後経過篇)

呼吸器外科

呼吸器外科診療Q&A~術後経過篇

ここでは呼吸器外科の診療や手術に関してよく尋ねられる質問とその回答を記述しておきました。

Q)手術翌日から歩けるのですか?

A)手術の内容にもよりますが、歩けます。

早い時期に自力で歩行を再開することは、回復を早める効果があります。手術の後は安静第一と言う考え方は、すでに過去のものです。半日くらいは、歩くとまだフラフラすることがあり看護師の付き添いで歩くようお願いしています。何回か歩行してみると、フラフラ感もなくなり、一人で歩けるようになることがほとんどです。手術前と同じように歩けるまでは2~3日かかるでしょう。

Q)いつから食事ができるようになりますか?

A)普通は、手術の翌日からです。

どれくらい食べられるかや、食欲の有無については、個人差も大きいですが、当科では、手術翌日の朝食から食べて頂いております。手術翌朝の食事から全量食べられる人もおられますが、平均すると半量程度を召し上がる方が多いです。朝食は摂れなくても、ほとんどの方は、手術翌日の昼食あるいは夕食からは、全量摂取されています。食欲がなくても、飲水はほとんどの方ができますので、水分補給の点滴も通常翌日には終了します。

Q)点滴は要らないのですか?

A)普通、水分補給の点滴は手術の翌日には不要になります。

呼吸器外科の手術では点滴=水分補給で、点滴で栄養補給を行うことも、特殊な薬を投与することもありません。意識が明瞭で、自分で口から飲水できる状態であれば、食事や飲み物から栄養や水分を取ることが最も効率よいのです。化膿止め(抗菌剤とか抗生剤とか言います)の薬を、術後点滴で行うことはあります。

Q)術後に何か飲むべき薬はないのですか?

A)通常の手術では、不要です。

手術前に飲んでいた薬を、術後も服用します。服用の開始時期は看護師や病棟の薬剤師にお尋ねください。呼吸器外科の手術では術後の化膿止め(抗菌剤や抗生剤と言います)や、必要時のみ使う痛み止めを除いては、新たに薬を投与することは(原則的に)ありません。

Q)いつから働けるようになりますか?

A)手術の内容ももちろん関係しますが、就業する業務内容によって様々です。一律には判断できませんので、担当医だけでなく事業所の産業医などともご相談ください。

PCなどを使ったデスクワークなら退院前からもできる人がほとんどですが、鎮痛剤などの服用中は、眠気などの副作用があるため、クルマの運転や機械の操作を伴うような業務などに就業することは危険です。鎮痛剤などが必要なくなるまでの期間は自宅療養した方が良いと思います。本当に病状が安定するのは3か月程度ですが、就業自体はその前に可能な場合がほとんどです。

手術の後、間をあけずに次の治療が始まる場合もあります。退院や就業までの期間は以前に比べ短くなっていますが、余裕をもって休みを取っておくことをお勧めしています。

Q)退院するとすぐ働いてしまいそうです。しばらく入院していた方が良くないでしょうか?

A)そのために入院する必要はありません。自宅で療養してください。

退院直後は、まだ遠方への買い物は辛いかもしれませんが、自立生活可能な状態となったら退院となります。自宅に戻れば、すぐに出忙しそうに動き回るのではとご心配のご家族も多いようですが、防衛本能が働いて動いて息が切れるようなときは、自然と休みます。体の機能の中でも、呼吸は無理がきかず、休めば楽になることが自覚できる有難い場所です。呼吸ができなくなるまで、無理をする人はいませんので、過度なご心配は無用です。

本人が動けるように思っても、実際には、手術前と同じようには動けるようになるには、まだ何か月かかかります。職場としても、術後の従業員を働かせて、倒れてしまっても困ります。自宅で療養するようにし、ご心配なら外来で、担当医とご相談ください。

Q)退院したあと自宅では元気なので、旅行に連れていきたいのですが?

A)術後に遠方へ旅行するのは控えた方が安心です。

自宅で大丈夫そうだからと、遠方への旅行などは禁物です。自宅で元気に見えるのは、運動量が少ないからです。運動負荷がかかれば、すぐ息切れします。自宅内だけでなく、近隣や屋外での活動量を見て、遠方への旅行の是非を判断して下さい。判断の基準は、術後の経過日数ではなく、活動後の息切れの有無を重視して下さい。その上で、目安としてお示しすると、多くの肺切除術では、術後1か月くらい期間は、長時間の移動を控えた方が安心です。

Q)手術した側の胸に水が貯まっていると言われました。異常ではありませんか?

A)手術で空洞になったところには、水がたまるのが普通ですが、貯まっている量によっては通常の経過と言えない場合もあります。

手術をした担当医に確認してみてください。多くは緊急の手当てを必要としないものですが、息切れの症状が進行しているようなら、手術を受けた医療機関を受診してください。

Q)傷口を濡らしてもいいのですか?お風呂に入ってもいいですか?

A)傷口が(縫合され)閉じていて、特に異常がなければ、濡れても、お風呂に入っても大丈夫です。

慢性期の疼痛には、入浴(お湯に浸かる)して温まると良いという意見もありますが、私たちの施設では、抜糸が終わるくらいまでは、シャワー浴にとどめておくことをお勧めしています。風呂場は事故も多いところで、入浴行為は想像より体力を使います。術直後はまだ急性期であり、傷口の炎症反応が完全に終了した状態ではありません。お風呂に浸かる利点はあまりないでしょう。

Q)お風呂に入る時、傷口にカバーをした方が良いですか?

A)必要ありません。カバーせず、流水やお湯を傷口にかけて大丈夫です。

昔は、傷口をビニールなどでカバーしてから、シャワーを浴びたりするよう指導されていましたが、今日では、傷口はむしろ、きれいに水道水(お湯でも可)で洗った方が良いと言われています。傷口を隠してお湯を浴びる必要はありません。シャワー浴で、傷口周辺も含めよく流水(お湯)で洗い、皮膚を清潔に保ちましょう。せっけん類が傷口にかかっても問題ありません。流水(湯)で落とし、乾いたら洗濯した下着を、傷の上に直接着用してください。

手術の後であれば、入浴を急ぐ必要もないはずですが、特に湯船につかりたいのであれば、きれいなお湯に入ること、入った後シャワーなどで傷口をお湯(水)で流すことを個人的にはお勧めします。まだ抜糸が終わっていない状態で、公共のお風呂に入ることは避けてください。

Q)水道の水を傷口にかけて大丈夫ですか?

A)大丈夫です。

水道水は塩素で消毒されており、想像以上にきれいなものです。流水をキズにかけて、キズの中に菌が入ることはほとんどないと考えてよいです。外科医が手術前に手洗いに使う水も、今は滅菌水ではなく、普通の水道水です。

皮膚の中(汗や油が出るところ)には大量の菌(皮膚常在菌といいます)が付着しています。傷口の化膿はほとんどの場合、この皮膚の菌が、傷口に入ることで発生します。傷口が体内に交通していない限り、傷口を水道水(お湯)で洗うことは、傷口周囲を清潔に保つためにも有効と考えられています。

Q)お風呂に入る時は、傷口をどう洗えば良いですか?

A)お湯や水で流すようにしておけば十分です。

傷口をゴシゴシ洗うことはありません。痛みがあるのでふつうはゴシゴシできないと思いますし、そこまで皮膚の清潔不潔に神経質になる必要もありません。傷口周囲をひどく擦ることは、傷口の回復にはよくありません。

血が出ていたり、膿が出ていたりしていても、実際にはシャワー浴などできますが、その前に担当医で一度診察を受けて指示を受けた方がいいでしょう。

Q)傷口ではなく胸の前の方が痛みますが?

A)肋間にキズを入れる手術では傷口より前の方が痛みます。

胸の痛みを感じる神経(肋間神経)の走行に関係があると言われています。肋間神経は、背骨の脊髄から出て、あばらの骨(肋骨)に沿って前下方へ進みます。この経路のどこかで神経が刺激を受けると、初めは傷口のあたりが痛み、のちに神経の先端、つまり胸の前の方に痛みを感じるようになります。肺の手術でよく使われるキズでは、おっぱいの下あたりに痛みが移りやすいようです。手術のキズがやや低い位置にあると、おなかのみぞおちのあたりに痛みを感じることもあります。

痛みに関しては、手術に関連する痛みではなく、新たな(別の)病気の兆しであることもあります。自己判断は禁物ですので、必ず担当医にご相談ください。

Q)胸の奥の方が痛むように感じるのですが?

A)皮膚表面だけでなく、肋骨や胸膜などが痛みを感じる臓器として皮膚の下にあり、これらの痛みでは奥が痛むように感じるようです。

肋間にキズを入れたときに痛むのは、主に肋間神経が関与していると考えられています。初めのころ(手術直後)は、傷の痛みはズキズキした感じですが、次第に痛みの場所が移るとともに、ぎゅーと締めこむような痛みに変わると言う人がほとんどです。痛みが継続せず、気づけば痛みを感じていないことが多く、日中や会話して他のことに集中していると痛みを感じないことが多いのも、術後の痛みの特徴です。痛みの継続時間はせいぜい数分で、きっかけは決まっていません。寝静まったりして、神経が傷口に集中する環境になると、痛みを感じることも多いようです。

痛みに関しては、手術に関連する痛みではなく、新たな(別の)病気の兆しであることもあります。自己判断は禁物ですので、必ず担当医とご相談ください。

Q)傷口より前の方は、皮膚の感覚が鈍くなったように感じるのですが?

A)胸の傷の痛みは日々軽減しますが、皮膚の鈍麻は長期間残ります。

奥が痛むだけでなく、皮膚の感覚が変わることもあります。皮をかぶったような鈍麻した感覚になることもあります。これらも肋間神経の関与が考えられるのですが、詳しい機序はよくわかっていません。しばらく継続することも多く、このような感覚異常を予防することは、現代の外科学では難しいです。

Q)雨や寒い日に痛みますが?

A)理由はよくわかっていませんが、術後の痛みは雨や寒い日に良く感じるようです。

気圧・気温の変化が神経に作用するとする人もいますが、理由はよくわかっていません。いわゆる『古傷が痛む』感覚で、特有の痛みです。術後のキズの痛みは、時間と共に減っていくものですが、この痛みは不思議と何年も経って、感じることが多い印象です。

Q)術後は食べ物に制限がありますか?

A)内服する薬などには、併せて食べてはいけない物がありますが、肺の手術では、原則として食事の制限はありません。

もちろん、肺にとっても食べ過ぎて、太るのはよくありません。肺を取った分だけ、肺の能力は下がっています。太ってしまうと、酸素の必要量は増えますので、息切れが早く出現するようになります。

Q)術後はお酒飲んではいけませんか?

A)手術直後ではなく、他の臓器に問題がないなら、飲酒しても大丈夫です。

節度のある飲酒を心がけてください。

Q)術後はタバコを吸ってもいいですか?

A)ダメです。

肺を切除しています。残った肺を大切にしてください。今は呼吸がきつくなくても、10年20年とたてば、差が明らかになってきます。危険で辛い手術を乗り越えて、長生きしようとしたのなら、タバコは2度と吸ってはいけません。

Q)タバコはやめましたが、家族がタバコを吸います。影響はないですか?

A)影響ないとは言いきれませんが、過剰に神経質になる必要はありません。

喫煙者に正面から禁煙を要求すると、逆効果になることも少なくありません。あなたがそっとタバコを避けているようなら、おそらくご家族も気づいて、それなりの姿勢に変わってくれるはずです。折角の機会ですから、家族も禁煙できればいいのですが、禁煙を強要することが如何に難しいか、一番よくご存じなのは、かつて喫煙者だったあなたかもしれません。

Q)退院後に熱が出るようになりましたが?

A)熱のピークが上がってきているなら、心配です。診察を受けてください。

術直後は誰でも熱が出ます。手術のキズを治そうとする体の反応であり、日に日に下がります。退院時に発熱がなく、あるいは一日のうちの熱のピークが一旦下がったにもかかわらず、退院後、自宅で熱が上がってきたような場合は、早めに原因を明らかにし、早く治療を開始すべきです。診察予定日の前でも、手術を行った担当医に連絡を取った方がいいでしょう。

Q)退院後に咳が出るようになりましたが?

A)発熱を伴う場合や、汚い色の痰・血液の混ざった痰など痰を伴う場合は心配です。診察を受けてください。

術直後は誰でも多少の咳が出ます。手術で気管支を切ったり、気管支周囲の組織を取ったりした後、気管支に咳のきっかけとなる刺激が増えたり、刺激に敏感になっているからだと言われています。普通はカラぜきと言われる痰を伴わない咳ですが、体の反応であり、徐々に咳の頻度は下がります。退院時に比べ、退院後に咳が頻回になってきたような場合や、発熱を伴う場合、痰を伴うようになった場合は、肺炎などを併発したり、手術で切断閉鎖した気管支に問題が発生している可能性も考えられます。早めに原因を明らかにし、早く治療を開始すべきです。診察予定日の前でも、手術を行った担当医に連絡を取った方がいいでしょう。

Q)キズから汁が出るようになりましたが?

A)閉鎖したキズから汁が出る場合は、心配です。診察を受けてください。

いくつかの可能性が考えられます。かさぶたができてかさぶたが取れてしまった、傷口が化膿している、胸に溜まっていた水が傷口の下から染み出ている、皮下の脂肪が溶けて染み出ている等々です。外科医が診ても簡単に見分けできない場合もあり、素人判断は禁物です。必ず手術を担当した医師の診察を受けて下さい。

Q)キズグチが赤くなって触るとひどく痛みますが?

A)心配です。明日にも診察を受けてください。

傷口周囲が炎症を起こしている可能性がありますので、手術を担当した医師の診察を受けて下さい。

Q)抜糸はいつ行うのですか?

A)当科では、ほとんどのキズは抜糸が不要な縫合を使っています。チューブを留置していたところのキズの抜糸は術後2週間ごろを目安に行います。

キズを縫った糸は早く抜いてしまうと、キズが開く可能性があります。長く置いておいた方がキズを固く接着させるためには良いのですが、糸が長い時間皮膚に残ると、糸自身が皮膚に傷を作ってしまいます。
当科では、ほとんどキズを、糸が残らない特殊な縫合法(埋没縫合と言います)の上に、皮膚表面接着剤と皮膚接合テープという方法で閉鎖しています。この方法では抜糸は必要ありません。

一部のキズ(通常は、チューブを留置していたキズの一か所です)は糸が残ることがありますので、これらは抜糸を行います。チューブが留置されていたところにキズは、手術の時の閉じたキズとは違う治癒過程(二次創傷治癒と言います)を経て、キズが融合していきますので、抜糸のタイミングにも、他のキズと違う配慮が必要です。

Q)抜糸したのでキズを触っても大丈夫ですか?

A)しばらくはあまり触らない方がいいでしょう。

キズは糸でくっついているのではなく、組織液に含まれる線維などの働きで接着し、固まって瘢痕組織となると簡単には離れなくなります。木工工作に例えると、組織液は接着剤で、縫った糸は、接着剤が固まるまでの間、部品が動かないように固定するために使う輪ゴムのようなものに相当するでしょうか。組織液という接着剤は数日でキズを接着させることはできますが、まだ接着力は弱く、このころに強い力を加えると、容易に傷口を開くことができます。強い接着力となるまでには3か月程度かかるのが普通です。抜糸直後はまだ十分な接着力はありませんし、炎症反応も残っていますので、あまり傷口は強くこすったりしない方が良いでしょう。

Q)キズにはガーゼも当てないのですか?

A)液や汁が出ないようなキズには、ガーゼは当てません。

近年、乾燥し閉鎖したキズにはガーゼは不要と考えられるようになっています。傷口の周りも含めて皮膚を清潔に保ち、普通通りに下着を直接着用してかまいません。

Q)下着や服がキズにあたって擦れて痛いのですが?

A)キズの上に絆創膏などを貼ると幾分か擦れなくなります。

キズが赤くなっているようなら問題です。手術を担当した医師にご相談ください。