診療科・部門紹介
  • 埼玉病院のご案内
  • 診療科・部門紹介
  • 患者さんへ
  • 医療関係者の方へ
  • 職員募集
  • 交通アクセス

腎臓内科(概要)

埼玉病院 トップ > 診療科・部門紹介 > 腎臓内科(概要)

腎臓内科

腎臓内科概要

 腎臓内科では主に血尿、蛋白尿など尿所見異常や腎機能低下の精査、腎炎・ネフローゼ症候群の診断や治療、慢性腎臓病(CKD)の治療、血液透析を含めた血液浄化療法の診療を行います。
 血尿や蛋白尿は腎臓病に認められる最も重要な所見の一つです。特にその初期には他の症状を伴わない場合があり、これを放置していると病気が進行し、浮腫などの症状が出現する頃には腎機能が低下していることもあります。また、腎臓病には腎臓だけが障害される「原発性」と膠原病など自己免疫疾患、血液疾患、糖尿病、薬剤性、感染症など他の疾患などが原因で発症する「続発性」があり、その原因により治療方針が大きく異なります。このように尿所見異常や腎機能低下を認めた場合は、早めに精査をおこない診療方針を決定することが大切です。
 最近ではCKDが腎障害の進行のみならず心疾患など他臓器の障害に深く関与することが示されており、その積極的な介入の重要性が認知されています。
 腎機能障害が進行し末期腎不全に至った患者さんについては、血液透析など腎代替療法が必要となります。血液透析においては適切かつ安全に施行すると共に、長期的に合併症を抑えて行くための治療や管理が重要となります。また、血漿交換療法やエンドトキシン吸着などの血液浄化療法は様々な疾患で血中の原因物質を除去することにより病状の改善が期待できる治療法です。

 当科では常勤医1名と非常勤医4名が診療に当たっています。

  • 血尿、蛋白尿など尿所見異常や原因不明の腎機能低下を認める患者さん:血液、尿検査、画像検査等をおこない精密検査や治療の必要性を判断します。
  • すでに他の医療機関で糸球体腎炎やネフローゼ症候群で治療されている患者さん:外来でステロイド療法や免疫抑制薬など治療を継続します。
  • 軽度および中程度の腎機能低下を認めるCKDの患者さん:腎機能障害の進行や合併症を抑えるため薬物療法、食事療法、生活指導を積極的に進めていきます。
  • 高度な腎機能低下や血液透析を含めた腎代替療法が必要な患者さん:現在、当科での血液透析導入や入院治療はおこなっていません。
  • 他の医療機関で維持血液透析をおこなっており、他の診療科での治療や検査のため入院が必要となった患者さん:入院中の血液透析を継続します。適切かつ安全な血液透析を行います。
  • 血漿交換療法やエンドトキシン吸着など適切な血液浄化療法を他の診療科と協力して行います。