診療科・部門紹介
  • 埼玉病院のご案内
  • 診療科・部門紹介
  • 患者さんへ
  • 医療関係者の方へ
  • 職員募集
  • 交通アクセス

薬剤部(製剤業務)

埼玉病院 トップ > 診療科・部門紹介 > 薬剤部(製剤業務)

薬剤部

製剤業務

 現在市販されていないが、診断・治療において臨床上必要とされる薬剤がある場合、病院独自に薬剤の製造が必要となります。このように市販されていない、または市販されている医薬品とは異なる剤形の薬剤を製造するのが製剤業務です。近年、消毒薬などは市販化が進み、院内製剤品の品目数は減少傾向にありますが、必要な濃度の医薬品がない場合や薬剤の安定性に問題がある場合なども含めて、尚も院内製剤が必要なケースは少なくありません。
 薬剤部では、現在、約15種類の院内製剤を常時調製しています。注射剤や点眼液など特に無菌性を必要とする製剤品においては、高圧蒸気滅菌器による滅菌処理、並びにクリーンベンチ内におけるフィルターによる無菌操作により調製を行っています。また、それ以外の製剤については一般製剤室にて調製を行っています。
 令和2年度は277件(滅菌製剤;5件、無菌製剤:89件、その他:183件)の製剤業務を実施しました。


 
院内製剤   クリーンベンチにて無菌製剤